千町の棚田

寒風山に向かう国道194号線のまだ勾配が緩やかな辺りに、山に上って行くいかにもきつそうな枝道があります。

f:id:Ride-na:20160731134459j:plain

 

幅員が1~1.5車線、勾配が6~10%の道で路面はよくありません。 

f:id:Ride-na:20160728181414j:plain

 

周りが木に囲まれ何もない道を1.5kmほど上ると、視界が開けて勾配も緩くなり、家が点在する場所に出ます。千町(せんじょう)地区です。 

f:id:Ride-na:20160708193624j:plain

 

櫛ケ峰の中腹に広がるこの地区では、斜面に石を積み上げ棚田が作られています。

f:id:Ride-na:20160708201007j:plain

 

集落は斜面横方向に500mの広がりしかないため、少し進むと道が折り返します。

f:id:Ride-na:20160708193815j:plain

 

何度も、何度も折り返して高度を上げていきますが、どこまでも家があります。

f:id:Ride-na:20160708193937j:plain

 

最終的には8~9回折り返し、標高500mの藤之石本郷地区まで自転車で上れます。

f:id:Ride-na:20160708193841j:plain

 

千町地区の最初の家から、藤之石本郷地区までの高低差は300m以上、そして直線距離が1000mなので、斜面の勾配は30%にもなります。

f:id:Ride-na:20160708194045j:plain

 

残念ながら勾配が急なため、ちょっとした草木があると視界が遮られ、上からも下からも棚田の全景を望むことはできません。

f:id:Ride-na:20160708194113j:plain

 

向かいの山に上って、高倍率のカメラを使用すれば・・・だそうです。 

f:id:Ride-na:20160708194153j:plain

 

f:id:Ride-na:20160708194216j:plain

 

広告を非表示にする