読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立春SWEETライド2017

 2月4日 12時頃 

薄曇りですが気温は14℃ やっぱり立春です。

 

2月に入ったこの時期、

丹原の田滝と関屋地区の果樹園の柿の木はすでに丸裸、 

f:id:Ride-na:20170204195332j:plain

 

キウイフルーツの木も丸裸。

f:id:Ride-na:20170204195401j:plain

 

ですが、梅の木にはピンク、や

f:id:Ride-na:20170204195254j:plain

f:id:Ride-na:20170204195227j:plain

 

白い色の花が咲き始めています。

f:id:Ride-na:20170204195120j:plain

f:id:Ride-na:20170204194934j:plain

 

今カン手前の石鎚山を望む菜の花畑はまもなく満開?

f:id:Ride-na:20170204200004j:plain

 

 14時過ぎには気温が17℃にまでUP、なので

周ちゃんまるごとカフェではエンジェルパフェを選択。

f:id:Ride-na:20170204194852j:plain

 

 

f:id:Ride-na:20160326084141j:plain

 

広告を非表示にする

羨望の眺望

「眺望」とは遠くを見渡すことですが、

西条市で最も眺望がいい場所は

八堂山にある考古歴史館(標高125m)です。

足元には加茂川が流れ、

道前平野と燧灘を一望できます。

車では上れますが、

残念なことに自転車は通行禁止です。

もちろん自転車を押して上がればいいのですが、

結構な距離があるため桜の季節以外は・・・

 

ride-na.hatenablog.com

 

次に眺望のいい場所は

「いしづち山麓SWEETライド」のスタートとゴールになる

石鎚山ハイウェイオアシス館(標高115m)でしょうか。

ここからも道前平野と燧灘は望めますが、

残念なことに石鎚山は見えません。

f:id:Ride-na:20170131111258j:plain

  

実は西条市で眺望が良くて

かつ石鎚山がきれいに望める場所は

一箇所しかありません。

 

河原津海岸の横、

隣の今治市との境になる大崎ケ鼻の上にある

休暇村「瀬戸内東予」です。

f:id:Ride-na:20170221234802j:plain

  

標高はたったの65mですが、

すぐ下が海のため数値以上に高さを感じます。

f:id:Ride-na:20170130210937j:plain

 

この「瀬戸内東予」へアクセスするための坂道と

f:id:Ride-na:20170122095552j:plain

 

建物の玄関は西条市になりますが、ロビーあたりに市境が通っているそうです。

f:id:Ride-na:20170122095836j:plain

 

西条市から「瀬戸内東予」へ向かうには

勾配6%の国道196号の坂を上りきった後に

f:id:Ride-na:20170122095525j:plain

 

道路脇に止まって、

車の列が途切れるのを待って右折する必要があります。

f:id:Ride-na:20170130001942j:plain

 

むしろ県道154号で

一旦、今治市に入って

f:id:Ride-na:20170130204849j:plain

 

左右をよく確認できる丁字路で国道を渡り、

戻ってくるルートの方がスムーズなのかもしれません。

f:id:Ride-na:20170130204946j:plain

 

高台に建つ「瀬戸内東予」は眺望もいいのですが

是非その奥に続いている道を下ってみてください。

f:id:Ride-na:20170122095924j:plain

 

下った先には海があり、

f:id:Ride-na:20170122100025j:plain

 

約1.5km続くきれいな砂浜、桜井海岸(今治市)があります。

f:id:Ride-na:20170122095458j:plain

 

帰りは激坂になりますが・・・

f:id:Ride-na:20170130211856j:plain

 

ただ、

「瀬戸内東予」から石鎚山系の山々は南に位置するため

日が高くなる時間帯だと逆光になります。

f:id:Ride-na:20170122095712j:plain

この場所で最もきれいな眺望は、冬の時期の朝方と夕方なので

宿泊された方だけが見られる羨望の景色だったりします。

 

 

f:id:Ride-na:20170131093913j:plain

 

広告を非表示にする

4本の坂道

西条市の北の端には、隣町に至る4本の坂道があります。

最も海寄りにある国道196号と

f:id:Ride-na:20170131095402j:plain

 

最も山寄りで今カンへの峠道である県道154号 

f:id:Ride-na:20170204200233j:plain

 

その間に、

広域農道と県道159号の坂道があります。

 

広域農道の坂は、

上ったところに周越トンネル(500m)があることと、

国道のう回路として結構な通行量があるため、

自転車で走るのを敬遠してしまいます。

f:id:Ride-na:20170204200316j:plain

 

隣町にあるサイクリストの聖地へ行くことが主目的の場合は、

最も登坂距離が短くなる国道を走るのが妥当ですが

県道159号の坂道も あり です。

 

上りはじめの最大瞬間勾配だけは5%くらいありますが、

f:id:Ride-na:20170212214515j:plain

 

坂のピークまでの距離2.5kmに対して

標高差が40mくらいしかないため、

平均的な勾配は1%くらいです。

f:id:Ride-na:20170212214609j:plain

 

この県道は新しく作られたルートであるため

道路幅員が広く、安全に走れるだけでなく、

途中にある下りや平坦部分で速度を上げれば、

それなりの速度を維持したまま上りきれる緩い坂で

かなり走りやすい道です。

 

この坂を上るときは

「いしづち山麓SWEETライド」のコースにもなっている

県道154号の三芳への下りの

f:id:Ride-na:20170130205259j:plain

 

途中にある信号機のない交差点を左折します。

f:id:Ride-na:20170130210514j:plain

 

逆にこの坂を下ってきて、

今カンの峠を走る場合には

県道154号の交差点まで下ってくるのではなく、

途中にある信号機を右折して

f:id:Ride-na:20170212214656j:plain

 

実報寺の前を通る細い道をゆっくりと

上るほうが楽しいかと思います。

 

実報寺の一樹桜の開花はまだ先ですが、

お寺の前の梅の木と

f:id:Ride-na:20170130205327j:plain

f:id:Ride-na:20170130205404j:plain

 

途中の段々畑にある

f:id:Ride-na:20170130205434j:plain

 

菜の花畑はまもなく見ごろになります。

f:id:Ride-na:20170130205518j:plain

 

f:id:Ride-na:20170131111204j:plain

 

広告を非表示にする