【出張報告】 2017淡路島ロングライド150

台風にも負けず、2017淡路島ロングライド150の開催に感謝。

主催していただいた 淡路島ロングライド150実行委員会 様

およびボランティアスタッフの方々

並びに沿道にて応援いただいた皆様方

ありがとうございました。

楽しい一日を過ごせました。

それでは以下の通り、

出張ライドとPR活動の報告をさせていただきます。

 

1.出張日時

 2017年9月17日~ 18日

    17日 徳島市内のホテル 宿泊

 

2.出張先

 2017淡路島ロングライド150

※ 正式名称:兵庫県政150周年記念プレイベント 2017淡路島ロングライド150

    カテゴリーAに参加 

 

3.目的

 モチベーションアップ

    + 「いしづち山麓SWEETライド 」 のPR 

 +  TOUR OF SETOUCHI ISLANDS 1/3

 

4.イベント内容

1)基本情報 (机上計算値)

・カテゴリー    サイクリング

・走行距離          145.3 km    Mileage  参加者ガイド掲載値

・獲得標高     1217 m      Altitude  ルートラボ

・コース強度     8.4 m/km Sc=A/M

・スタート時間   5.75 時  Ts

・制限時間      16.5 時  Tg

・エイド満喫時間  1.0 h       AS         4箇所×15分

・走行ロス     0.5 h       LOSS    スタート、信号他

・走行可能時間        9.3 h       Tc=Tg-Ts-AS-LOSS

・完走可能速度   15.7 km/h Avc=M/Tc

ファンライド速度 17.5 km/h Avf=M/(Tc×0.9)

                               ※余裕をもった走行に必要な走力

・セグメンテーション(横軸:コース強度 / 縦軸 : 完走可能速度)

      14 : 2017淡路島ロングライド150

               設定は一般的なサイクリングイベントだが四つある上りの勾配は10%以上

f:id:Ride-na:20170917101133j:plain

  2)受付関連

・HP : イベント専用HPを常設、ただし毎年サイトをリニューアル。今年は2017年3月14日に2017年のイベント開催日を掲示、受付方法、各種規定、コースなどの情報も掲載。

・申込方法 : SPORTS ENTRY / JTBスポーツステーション

・受付期間 : 2017年5月12日~8月31日  →  5月31日受付終了

・駐車場 : 隣接駐車場が無料

・当初受付 : 前日(会場 13:00~17:00 / ホテル 18:00~20:00) 

 →台風18号の影響から受け付けを変更(9月15日)

     前日(ホテル 13:00~20:00) +当日(第一駐車場 3:00~)  

・ゼッケン:ジャージ背面  240×200

                      ヘルメットシール 120×70

                      自転車前面 140×104

3)走行関連

・天候 : 晴れ / 22℃(スタート時)

・参加者数 : 出走1862人 / 募集2200人

・スタート方式 : 並んだ順 15名程度 / 30秒間隔

 カテゴリーA(8時間程度で走る人) → カテゴリーB(ゆっくり走る人)

  A:5:45~6:20(35分間) / B:6:20~7:15(55分間)

・走行管理:審判(自転車=SILBEST) + 速度監視(オートバイ)

      ガードマン

・コース案内 : ボランティアスタッフ

・コース環境 :基本海岸線、ただし4箇所ある上りの勾配はキツメ

・道路状況 :第一AS~第二AS間 以外はそれなりに車が走っている

    警官が立っていたり、パトカーや白バイも走っていて安全に配慮

・信号渋滞 :無し

・AS間距離 : 4箇所 146/(4+1)=29.2km/箇所

・AS特色 :名産品が食べ放題、飲み放題     

・ASチェック方法 :特に番号チェックなし

・関門の有無 :各ASにタイムオーバの設定あり

・トイレ渋滞 :第1ASは20名、第2ASも20名位

4)ゴール関係

・完走証 : サイズ 296×210 

 

5.PR活動(ベスト着用)

・スタートから第2ASまでベストを着用

 

6.私走・所感

・参加 : 3回以上

・服装 : 長袖アンダー + 半袖ジャージ + ベスト(羽織るのみ)

                ビブニッカ + レギンス

・スタート : カテゴリーAの第7セクション(最終組スタート) 

       ※信号、AS渋滞発生時の参考情報

・信号停止回数 :  回

・最長連続走行距離 : 22km(信号による停止が無かった区間)

・補給食、サプリメント : Meitan CCC×1

                                             ATHLETUNE POCKET ENERGY×1

                                             Mag-on ジェル×1

                                             塩サプリ×3

・ボトル : CCD700ml×1本分+塩サプリ

                   水×2本+塩サプリ

・今年は当日受付などちょっとばたばたしていたらカテゴリーAの最終組でスタート。ほとんど追い越し無しで第一ASまで安全(足も使わず)に走行。

・第一ASまでに信号で止まったのは一回だけでストレスがなかった。早朝スタートなので主要な信号以外は点滅にされていた?

・台風一過で暑い。昨年よりエイドで食が進まずかなりバテバテ。さらに蜂に刺された左腕の痛みが引かず、走行はグダグダ。

・過去最重量の体重で上る淡路の激坂はここまでキツイとは。たった3~4kgの違いしかないのに・・・

 

7.添付資料

・事前受領資料

  参加者ガイド、ゼッケン引換証、コースマップとチャリダー

  チャリダーは11月18日(土)に放送されるようです。

f:id:Ride-na:20170917123451j:plain

参加者ガイドの裏面には主な注意点がまとめられており、あまり細かなところまで読まないであろう毎年参加されている人でも読み落とさない配慮がなされている。

f:id:Ride-na:20170920061908j:plain

兵庫県では平成27年10月1日から自転車保険が義務化されているそうです。

f:id:Ride-na:20170917123513j:plain ・平成29年10月1日から、淡路島と徳島&香川をつないで走れるそうです。

f:id:Ride-na:20170917123530j:plain

 

・台風が四国に接近する前に、前日とりあえず徳島まで移動

f:id:Ride-na:20170918192310j:plain 

・当日の朝、いつもより30分早い時間に淡路島の高速を走り

f:id:Ride-na:20170918192433j:plain

・当日受付を行い、背中のゼッケン、ヘルメットシール、自転車用ゼッケンを受領。

f:id:Ride-na:20170918192534j:plain

 

・カテゴリーAの最終ちょっと手前のスタート風景

f:id:Ride-na:20170918192650j:plain

 

・国道28号からの洲本市 

f:id:Ride-na:20170918192921j:plain

 

・第一ASがこれまでの洲本ポートターミナルビルから手前の駐車場に変更されました。この変更により洲本交差点での信号待ち渋滞は回避されました。

f:id:Ride-na:20170918192958j:plain

・昨年同様に後輪を差し込むタイプの自転車ラック

f:id:Ride-na:20170918193024j:plain

・盛りだくさんの補給食の中からトン汁、おにぎりとグリコをチョイス 

f:id:Ride-na:20170918193111j:plain 

由良港のちょっと手前

f:id:Ride-na:20170918193143j:plain

 

・最初の激坂をクリアして立川水仙郷辺り

f:id:Ride-na:20170918193224j:plain

 

・友ケ島水道。波が若干高め

f:id:Ride-na:20170918193303j:plain 

・第二AS の灘に到着

f:id:Ride-na:20170918193327j:plain

「友ケ島水道」の写真を撮影後、走り出して少しするとヘルメットにコツン?痛い!! 蜂(アシナガバチ?)に刺されたようで、ムヒを塗ってもらいました。

f:id:Ride-na:20170918193351j:plain・盛りだくさんの補給食の中から蒲鉾とグリコ

f:id:Ride-na:20170918193415j:plain

 

・第二~三AS間にある一箇目の上り f:id:Ride-na:20170918193441j:plain

 

・第二~三AS間にある二箇目の上り 

f:id:Ride-na:20170918193501j:plain

 

 ・第三ASの慶野松原、カテゴリーAなら空いてる f:id:Ride-na:20170918193528j:plain

・今年も淡路島手延べ素麺とプリンとグリコ

f:id:Ride-na:20170918193552j:plain 

・サンセットライン(県道31号)は斜め向かい風が強め 

f:id:Ride-na:20170918193628j:plain 

・第四ASの多賀の浜

f:id:Ride-na:20170918193654j:plain ・竹輪と玉ねぎスープ とペプシ(自販機)

f:id:Ride-na:20170918193718j:plain 

 ・サンセットライン(県道31号)からの明石海峡大橋

f:id:Ride-na:20170918193748j:plain 

・ゴール カテゴリーAの本体は既にゴールしているようで、結構まばら

f:id:Ride-na:20170918193833j:plain 

 ・完走証とアンケート 

f:id:Ride-na:20170918193914j:plain

 

・今年のお土産はタマネギとボトル(当日受付のため完走した後に頂きました)

f:id:Ride-na:20170918193853j:plain 

以上です。

 

次回の出張報告は、また島一周?

f:id:Ride-na:20170917083017j:plain

足湯巡り

愛媛でロードに乗っている人の多くが、南の川に集まっている9月2回目の日曜日(9/10)。先週走った「今治・西条ゆうゆう輪道」の隣町の温泉地、鈍川温泉の足湯が気持ち良かったので、今回は西条の足湯に行ってみました。

 

中山川沿いにある「今治・西条ゆうゆう輪道」のチェックポイント②の地点から、ルートとは逆の下流の方に走りだし

f:id:Ride-na:20170910195947j:plain

 

すぐそばにある中山川大橋の側道橋を渡り 

f:id:Ride-na:20170910200024j:plain

 

国道11号を越えて 

f:id:Ride-na:20170910200059j:plain

 

石鎚山ハイウェイオアシス(道の駅小松オアシス)手前の交差点を左折。 

f:id:Ride-na:20170910200137j:plain

 

大正15年に造られた小松橋を渡り

f:id:Ride-na:20170910200610j:plain

 

氷見のT字路を左折して 

f:id:Ride-na:20170910200641j:plain

 

市道を道なりにたんたんと走り 

f:id:Ride-na:20170910200708j:plain

 

石鎚神社の前も抜けて 

f:id:Ride-na:20170910200734j:plain

 

チェックポイント②から7km強の所にある温泉の看板をUターン

f:id:Ride-na:20170910200805j:plain

 

 湯之谷温泉の前にある足湯は10時~16時の間、利用出来ます。

f:id:Ride-na:20170910200835j:plain

 

国道11号から見える湯之谷温泉の看板と、

f:id:Ride-na:20170910200923j:plain

国道の温泉入り口の看板から受ける印象は、温泉地の温泉という感じではありませんが、

f:id:Ride-na:20170910200951j:plain

 

温泉成分が治養泉としての基準を満たしており、大浴場は源泉掛け流しだそうです。

f:id:Ride-na:20170910200858j:plain

 

 

f:id:Ride-na:20170910203459j:plain

 

 

広告を非表示にする

【湯巡り】今治・西条ゆうゆう輪道

愛媛でロードに乗っている人の多く(ロングライド好き)が、岬の方に集まっている9月最初の日曜日(9/3)。先週走った「今治・西条ゆうゆう輪道」で、本来なら巡るべき温泉地に行ってみました。

 

先週とは逆に反時計回りで、まずは湯ノ浦温泉へ。

f:id:Ride-na:20170903191442j:plain

 

国道196号から直ぐ8%の坂になり

f:id:Ride-na:20170903194141j:plain

 

一番奥にある今治湯ノ浦ハイツにまで上ると、緑の中に点在するホテルや温泉施設が望めます。 

f:id:Ride-na:20170903191517j:plain

 

日帰り温泉施設の「クアハウス今治」は、かなり立派な施設です。

f:id:Ride-na:20170903191547j:plain

 

温泉地に併設されている桜井総合公園からは燧灘が。

f:id:Ride-na:20170903191653j:plain

 

次に、鈍川温泉へ

f:id:Ride-na:20170903191728j:plain

 

県道154号から1km程上ると温泉街に

f:id:Ride-na:20170903191818j:plain

 

鈍川渓谷沿いに温泉旅館が点在 

f:id:Ride-na:20170903191924j:plain

 

「鈍川すっぴん美人の足湯」は11時~16時(冬期15時)の間、利用出来ます。 

f:id:Ride-na:20170903205503j:plain

 

温泉街の手前にある日帰り温泉施設の「鈍川せせらぎ交流館」

f:id:Ride-na:20170903191851j:plain

 

そして、本谷温泉へ。県道155号を山の方に折れて上るのですが、反時計回りに走ると曲がる交差点には何も案内標識はなく、

f:id:Ride-na:20170903192040j:plain

時計回りなら案内の看板が見えます。 

f:id:Ride-na:20170903192620j:plain

 

2.5km程上ってくるとキャンプ場もある本谷公園に到着。

f:id:Ride-na:20170903192109j:plain

 

本谷温泉は宿泊施設を伴う日帰り温泉で、 昨年(2016年)6ヶ月間休館して大規模改修を行い、リニューアルオープンしました。

f:id:Ride-na:20170903192137j:plain

 

温泉からの帰り道、燧灘が見えます。

f:id:Ride-na:20170903192210j:plain

 

鈍川温泉と本谷温泉は、道後温泉とともに「伊予の三湯」 といわれています。

 

f:id:Ride-na:20170903211356j:plain