【出張報告】 WAKAYAMA800モバイルスタンプラリー / 広川ビーチー白崎海岸周遊ルート

和歌山県でスタンプラリーを楽しみました。

f:id:Ride-na:20181013202347j:plain

 

今回のスタンプラリーは、和歌山県企画部地域振興局地域政策課 様が管理している「RIDE ON WAKAYAMA」のHPにリンクする形で開催されている「WAKAYAMA800モバイルスタンプラリー」(ラリーは和歌山県 商工観光労働部 観光局 観光振興課・公益社団法人 和歌山県観光連盟 主催 ?)で、コースは山と海が楽しめる「広川ビーチー白崎海岸周遊ルート」に若干プラスしたコースを走りました。

それでは以下の通り、出張ライドの報告をさせていただきます。

 

1.出張日時

 2018年10月12日~14日

   12日 オレンジフェリー船中泊

   13日 田辺市のホテルに宿泊

 

2.出張先

WAKAYAMA800モバイルスタンプラリー

広川ビーチー白崎海岸周遊ルート + 日の岬

 

3.目的

 モチベーションアップ

 

4.イベント内容

1)基本情報 (机上計算値)  数値は広川ビーチー白崎海岸周遊ルートのみ

・カテゴリー スタンプラリー

・走行距離 61.2km  Mileage  ルートラボ

・獲得標高 882 m    Altitude  ルートラボ

・コース強度  14.4 m/km Sc=A/M

・スタート時間 10.0 時 Ts  稲むらの火の館 (開館時間)

・制限時間   17.0 時   Tg  稲むらの火の館 (開館時間)

・CP満喫時間    1.0 h      AS         3箇所×20分

・走行ロス    0.5 h      LOSS    信号他

・走行可能時間     5.5 h     Tc=Tg-Ts-AS-LOSS

・完走可能速度 11.1 km/h    Avc=M/Tc

ファンライド速度 12.4 km/h    Avf=M/(Tc×0.9)

  ※余裕をもった走行に必要な走力

・セグメンテーション(横軸:コース強度 / 縦軸 : 完走可能速度)

 38 :  WAKAYAMA800モバイルスタンプラリー / 広川ビーチー白崎海岸周遊ルート

スタンプラリーとしてはかなり強度が高いコース、ファンライドコースではない

f:id:Ride-na:20181009212509j:plain

 2)受付関連

・HP : 和歌山県内に整備された約800kmのブルーラインのサイクリングルートの愛称が「WAKAYAMA800」で、和歌山県サイクリング総合サイト「RIDE ON WAKAYAMA」では17のルートに分けて紹介されています。各ルートのルートラボだけでなく、Stravaもリンク、オススメスポットやグルメだけでなく駐車場や宿、さらにトイレの場所まで掲載されています。で、そのサイトのイベント情報から「WAKAYAMA800モバイルスタンプラリー」にリンクが張られており、スタンプラリーのチェックポイント45箇所が紹介されています。

・申込方法 : 事前の申込は必要無いが、スマホに専用アプリをインストールしておく必要がある。

・開催期間 : 2018年8月1日~2019年3月24日

・駐車場 : パーク&サイクルが可能な無料の駐車場が紹介されている

・受付 : 専用アプリ

・ゼッケン : 無し

3)走行関連

・天候 : 晴れ / 16℃(スタート時)

・参加者数 : スタンプラリー中に対向するサイクリストは複数人見かけました

・スタート方式 :自分のタイミング

・走行管理 : 無し

・ルート案内 : 一部路面にブルーラインはあるもピクトや看板はなし。アプリなら案内あり。

・ルート環境 : 海岸線&内陸

・道路状況 :

・信号渋滞 :無し

・CP間距離 : 2箇所 61/(2+1)=20km/箇所   

・CPチェック方法 :チェックポイントの看板にあるQRコードをアプリで読んでスタンプGET

・関門の有無 :各CPの営業時間 ※営業終了後もQRコードは読めるが、あまり暗くなると難しいかと

・トイレ渋滞 :無し

4)ゴール関係

・スタンプラリーの応募はスタンプ10個からと、ハードルは高め

 

5.PR活動(ベスト着用)

・ベストは一部下りと平地区間で着用

 

6.私走・所感

・参加 : 初めて

・服装 : 夏用長袖アンダー + 半袖ジャージ 、ビブニッカ + レギンス

・パーク&サイクルが可能な駐車場として紹介されている広川町民体育館前駐車場に車を止めてスタート。

・信号停止回数 : 4回くらい

・最長連続走行距離 : 20kmくらい(信号による停止が無かった区間)

・補給食、サプリメント :SAVA PIT IN×1、Meitan CCC×3

・ボトル : BCAA500ml×1本分、お茶×1本分

・国道以外は車も少く基本走りやすいが、今回走ったコースはかなりキツめ。特にリアス式海岸の上りは直ぐ10%を超える。

・HPはかなり作り込まれており、紹介されている17のコース全てで情報満載、なのに周回コースになっているのは4つだけ。それ以外の13のコースは走った道を結局戻ることになるため、紹介されている距離の倍走ることになる。

・紹介されているコースとスタンプのある場所に齟齬があると言う事は、もしかして別物なのか?

→ どうやらHPを管理している部署とは異なる部署がラリーを主催しており、HPで紹介されている17コースを走りさえすればスタンプをゲットできるものではないもよう

・HPで紹介されているコースなのに、今回走ったコースでは海側だけにブルーラインが引かれており、山側には無かった。また、右左折の指示は路面に小さな矢印で指示されているだけなので、事前にある程度コースを理解していないと、見落としてミスコースしてしまう恐れが高かった。

・同方向に走っていたのはトレーニング中のトライアスリート4人だけだが、逆方向ですれ違った自転車は7〜8人と、走っている車の数からするとちょっと多め。

・県が管理しているHPでパーク&サイクルのための駐車場を紹介されているので、気兼ねなく駐車して自転車を楽しむことが出来ました。なかなかそこまで掲載して頂けるHPはなくかなり先進的。

 

7.添付資料

1)入手資料

事前に専用アプリをインストール

 

2)JR広川ビーチ駅まで

広川町体育館駐車場に車を駐車してスタート

f:id:Ride-na:20181013201538j:plain

 

紹介されているルートの実際のスタート&ゴール地点はJR広川ビーチ駅

 

f:id:Ride-na:20181013201623j:plain

 

3)JR紀伊内原駅まで

海岸線沿いの道から山(国道)の方に左折

f:id:Ride-na:20181013201736j:plain

 

いきなり勾配7%のアップダウンの連続

f:id:Ride-na:20181014004653j:plain

 

さらに国道から県道に入って山越えへ、

f:id:Ride-na:20181013201825j:plain

 

ピークのトンネルまでの勾配は緩め

f:id:Ride-na:20181013223639j:plain

 

トンネルを抜けた後の方が勾配がきつい

f:id:Ride-na:20181013201902j:plain

 

一気に下って駅に到着

f:id:Ride-na:20181013201951j:plain

 

4)日の岬まで

本来のルートは右折だが、ここを左側へ

f:id:Ride-na:20181013202422j:plain

 

この写真の道は17のルートの一つ(印南―箕島ルート)だが、そのルートを外れて(左折)日の岬へ 

f:id:Ride-na:20181013202504j:plain

 

台風のすさまじい力

f:id:Ride-na:20181017071532j:plain

 

日の岬へは7%を越えるつづら折り 

f:id:Ride-na:20181014004816j:plain

 

岬の高台のホテルはかなり前に営業を終了しており、自販機無し。知らずに暑い時期に来てたらダメージがでかかった。

f:id:Ride-na:20181013224952j:plain

 

せっかく上ったのに、先端の灯台へと下る

f:id:Ride-na:20181013202203j:plain

 

コースから外れているけど、ここにスタンプボード

f:id:Ride-na:20181013204350j:plain

QRコードを読み込んでスタンプをゲット

f:id:Ride-na:20181013204424j:plain

 

5)温泉館「海の里」みちしおの湯まで

台風で風車が倒壊? というか、支柱の真ん中で折れてる

f:id:Ride-na:20181013202955j:plain

 

灯台からの上りは10%オーバー

f:id:Ride-na:20181013202919j:plain

 

産湯海水浴場の駐車場で開催されているクエフェアはクエ鍋に長い列。なみにクエご飯とクエのから揚げは既に販売終了。

f:id:Ride-na:20181013202855j:plain

なので、小寿司とノンアルビール

f:id:Ride-na:20181013202825j:plain

 

山の緩い上りに比べて、リアス式海岸の各漁村間をつないでいる道の上りはキツめ

f:id:Ride-na:20181013211119j:plain

 

みちしおの湯到着

f:id:Ride-na:20181013202751j:plain

ここのスタンプは、何度かアプリを呼び出し直してやっとゲット 

 

f:id:Ride-na:20181013202726j:plain

 

6)白崎海洋公園まで

こんなところにも造船所

f:id:Ride-na:20181013203516j:plain

 

オンボードカメラを広角側で使用しているため水平線がかなり歪みます 

f:id:Ride-na:20181017071624j:plain

 

白崎海岸

f:id:Ride-na:20181013215417j:plain

 

道の駅は台風21号の被害で営業を停止(完全復旧は断念)しているため、スタンプは無し

f:id:Ride-na:20181013203540j:plain

 

7)稲むらの火の館まで

また上り

f:id:Ride-na:20181013210632j:plain

 

なんかどんどんきつくなって、トンネルを走れば平坦な区間も、ブルーラインは左斜め上の旧道?に引かれており

f:id:Ride-na:20181014145851j:plain

12%が普通に出てくる  ※旧道ではなくこちらが県道24号でした

f:id:Ride-na:20181013210708j:plain

  

海岸線を離れれば、上りの勾配が若干緩くなり

f:id:Ride-na:20181013210430j:plain

 

7%くらい

f:id:Ride-na:20181013210735j:plain

 

やっと上り終了

f:id:Ride-na:20181013210315j:plain

 

駐車場からすぐのところにある火の館(印南―箕島ルート)でゲット

 

f:id:Ride-na:20181013210338j:plain

1日走って、スタンプは3個、今回の走行距離82km × 獲得標高1250m、獲得標高以上に後半の勾配がきつい。

f:id:Ride-na:20181013210404j:plain

今回オンボードカメラとして先月末に発売された GoPro HERO7 Black を投入。電源ボタンの押し方が悪いと写真とビデオが順番に入れ替わるようで、所どころで意図せず動画の撮影になっていた。いわゆる手ブレ補正機能が性能アップしており、ジンバル無しで自転車に付けていても、ピントがズレた写真(ビデオも)は無かった。※補正ミスで色ズレはあり

f:id:Ride-na:20181014045154j:plain

  

8)フェリー輪行

今回、和歌山県への移動は愛媛県東予港から大阪南港までのオレンジフェリーの新造船(全席個室)を利用。

f:id:Ride-na:20181014002151j:plain

部屋は奮発してデラックスシングル(ディンプルキーで鍵が掛かる)。船にありがちなエンジンから発生する細かな振動もなくかなり快適、テレビ付きです。

f:id:Ride-na:20181014002306j:plain

ベッド側にもコンセントがあって計3つ

f:id:Ride-na:20181014002408j:plain

新造船だけどレストランの料金は据え置き

f:id:Ride-na:20181014002524j:plain

ただ、売店がなくなり自販機にもアルコールがなくなりました(食堂で対面販売)、その代わり自転車のチューブが販売されています。

f:id:Ride-na:20181014002638j:plain

 

以上です。

 

次回の出張報告は、隔年開催の大型イベント? 

 

 

f:id:Ride-na:20181010221915j:plain

嘉母神社

10月7日 前日吹き荒れた台風25号の強風もおさまり天気は晴れ。加茂川沿いの桜並木は相次ぐ台風で、葉が落ちてスカスカ 

f:id:Ride-na:20181007200427j:plain

 

加茂川河口は秋空 

f:id:Ride-na:20181007201048j:plain

 

禎瑞からは燧灘の干潟 

f:id:Ride-na:20181007201007j:plain

 

17時少し前、太鼓台が宮入りするため嘉母(かも)神社へ向かう

f:id:Ride-na:20181007201229j:plain

 

嘉母神社の前の道で太鼓台を差し上げ

f:id:Ride-na:20181007204255j:plain

境内でも競うように差し上げ 

f:id:Ride-na:20181007201350j:plain

※加茂川河口の禎瑞地区にある嘉母神社は、えひめ西条!移住応援大使のアップアップガールズ(仮)新井愛瞳さん出演の石鎚山系体験レポート【サイクリング編】8:08~ / YouTobe でも紹介されているうちぬき水が飲める神社です

 

f:id:Ride-na:20181007195048j:plain

 

 

【出張報告】丘のまちびえいセンチュリーライド 2018

べたべたですが、

f:id:Ride-na:20181001200212j:plain

でっかいどー北海道

f:id:Ride-na:20180923180506j:plain

ここにしかない景色ではなく、このイベントでしか走ることが出来ない景色があります。

 

お疲れ様です。

まずは、丘のまちびえいセンチュリーライド 2018 の開催に感謝。

主催していただいた 特定非営利活動法人(NPO)美瑛エコスポーツ実践会 様

共催の 美瑛町・(社)美瑛町観光協会 様

およびボランティアスタッフの方々、

沿道にて応援頂いた方々ありがとうございました。

楽しい一日を過ごせました。

それでは以下の通り、出張ライドとPR活動の報告をさせていただきます。

 

1.出張日時

 2018年9月22日~ 24日

   22,23日 旭川市内のホテル 宿泊

 

2.出張先

 丘のまちびえいセンチュリーライド 2018

   美瑛センチュリーライド ステージ2(100km)

 

3.目的

 モチベーションアップ + 「いしづち山麓SWEETライド 」 のPR

 

4.イベント内容

1)基本情報 (机上計算値)

・カテゴリー  サイクリング

・走行距離  100.2 km   Mileage  ルートラボ

・獲得標高   1183 m     Altitude  ルートラボ

・コース強度   11.8 m/km Sc=A/M

・スタート時間 7.8 時  Ts

・制限時間    16.0 時  Tg

・エイド満喫時間 0.7 h      AS   3箇所×15分

・走行ロス    0.5 h      LOSS    スタート、信号他

・走行可能時間  7.0 h      Tc=Tg-Ts-AS-LOSS

・完走可能速度    14.3 km/h Avc=M/Tc

ファンライド速度 15.9 km/h Avf=M/(Tc×0.9)

 ※余裕をもった走行に必要な走力

・セグメンテーション(横軸:コース強度 / 縦軸 : 完走可能速度)

 37:丘のまちびえいセンチュリーライド 2018   美瑛センチュリーライド ステージ2(100km)

 数字の上ではコース強度、完走可能速度とも標準的なコースだが・・・

f:id:Ride-na:20180917133943j:plain

 

2)受付関連

・HP :イベントオリジナルのHPを開設して、大会概要、コースガイドに加えて、ゲスト情報などを掲載

なお、HPからダウンロードできるPDFの地図のマイルドセブンの丘の位置は1kmくらい、西にずれている?

・申込方法 : SPORTS ENTRY

・受付期間 : 2018年6月1日 ~ 2018年8月12日→20日まで延長

:・駐車場 : 無料 事前申込必要無し

・受付 :当日 6:00~7:00

・ゼッケン:下段に協賛会社名

3)走行関連

・天候 : 晴れ / 20℃(スタート時)

・参加者数 : 831名(160km)+73名(55km) / 募集1200名+100名

 ※160kmは土日両日走った場合の距離

・スタート方式 : 申請目標速度順の班ごと

・走行管理 : サポートライダー

 主要な交差点にはスタッフ、ガードマン

・コース案内 : ボランティアスタッフと看板

・コース環境 : 丘陵

・道路状況 :一部を除き車は走っていない。

・信号渋滞 :無し

・AS : AS3箇所 100/(3+1)=25km/箇所

・AS特色 :特産品(牛乳も)  

・ASチェック方法 :無し

・関門の有無 :無し

・トイレ渋滞 :無し、各ASにはトイレ(洋式)を追加配備

    ビブショーツをはく自転車乗りとしては、洋式というだけでイベントを高評価

4)ゴール関係

・完走証 : B5

 

5.PR活動(ベスト着用)

・受付からゴールまでベストを着用

 

6.私走・所感

・参加 : 初めて

・服装 : 夏用長袖アンダー +夏用半袖ジャージ + ビブニッカ + レギンス

・スタート :はじめの方

・信号停止回数 : 4回

・最長連続走行距離 : 20km(信号による停止が無かった区間)

・補給食、サプリメント : Meitan CCC×1、 SAVAS PIT IN×2、Glico ワンセコンド×1

・ボトル : CCD500ml(+塩サプリ)×1本分、BCAA500ml(+塩サプリ)×1本分

・いつもなら、大きな島を一周している時期だが、今年は春先からの体調のこともあり、少し短い距離のイベントを調べていたら「美瑛」の文字を見つけて、アクセスも出来そうなので申し込み。

・イベント参加直前、移動スケジュール作成に合わせて、各AS間の走行時間を推定する走行設計もしていると、えっ次から次へと出てくる坂の勾配が結構きつい?大きな島のイベントと同等のキツさになるのか?

・このコース、大好きなアップダウンのコースだが、上りと下りがことごとくT字路で分断され、コーナーの数が100近いテクニカルなコース。下りの勢いがそがれるため、真の登坂力とテクニックが必要。今年の体調では楽しめないが、そんなことを忘れさせるくらい景色が最高。ここにしかない景色のなかで自転車に乗れただけで満足。まさにアルデンヌクラシックの世界。

・今回のコース、プライベートで来ても走り切れないというか、コースが分かりません。いい景色、いい坂をこれでもかと組み合わせてくれているため、下り坂の途中で右に曲がったり、Uターンするくらい鋭角に曲がったり、ぐるっと丘を回って、同じ交差点に戻って来たりと。ナビにコースを打ち込むのを諦めるくらい複雑で、スタッフや看板の案内があって初めて走ることができます。つまり、美瑛を満喫するには、イベントに参加するのが一番。(コースは全てJR美瑛駅10km圏内なのに)

・申込時に目標とするスピードを選択すると、50名程度に班分けをされ、速いスピードの班からスタッフが先導してスタート。ASを再スタートする時も同様に班ごとにスタートするが、あくまでも目標とするスピードについて行ける人達を先導する目安としてのこと。上りで遅れたり、写真を撮ったりする人を班に縛ることはなく、AS再スタートも規制されることもない。このような運営の工夫により、早く走りたい人達が最先頭に過度に集中せず、大きな集団にもならず、走っている人が適度な間隔で散らばっているため、写真を撮りながら走ってもあまりぼっち走行になることがなくその点でも楽しめた。

旭川のホテルを出る時は雨。美瑛の街に着くと何とか止む。スタート後は晴れたり曇ったり。途中靴下がぐちゃぐちゃになるくらい濡れるも、実質は10分も雨に降られてはいない。 

 

7.添付、資料

1)事前受領資料

参加のご案内、ナンバーカード引替証(車検自己申告書)

f:id:Ride-na:20180917165259j:plain

 

2)当日受領資料

美瑛町スポーツセンター会場で受け付け

f:id:Ride-na:20180923180016j:plain

ゼッケン、パンフレット、入浴券、バンダナ、荷物預け用袋

f:id:Ride-na:20180923180052j:plain

会場ではゲストライダー(栗村修さん、宇都宮ブリッツェンの方々ら)のトークショーも開催

f:id:Ride-na:20180924080540j:plain

 

ちなみに、新千歳空港からはレンタカーで前日旭川市入り。受付から少し離れた駐車場にとめ

f:id:Ride-na:20180923180118j:plain

隣の公園(こちらも指定駐車場)で朝のお務めを済ます。

f:id:Ride-na:20180924074859j:plain

 

3)スタート

開会式は丸山陸上競技場。

f:id:Ride-na:20180923180159j:plain

ゼッケン順に班分けされていて集合

f:id:Ride-na:20180923180226j:plain

挨拶。さすが北海道、自衛隊の方々もお手伝い頂いているとのこと。

f:id:Ride-na:20180923180330j:plain

 

班ごとに並んでスタート 

f:id:Ride-na:20180923180254j:plain

 

4) 春日台駐車場AS (27.3km)まで

スタート後市街地を抜けたらすぐに丘陵地帯の上りへ(9%)

f:id:Ride-na:20180923180443j:plain

 ぐるっと丘を回って、

f:id:Ride-na:20180924060729j:plain

開会式の競技場横を通過

f:id:Ride-na:20180923180537j:plain

 

次から次へと丘陵を走る。 

f:id:Ride-na:20180923180743j:plain

 

上ったと思ったら 

f:id:Ride-na:20180923180816j:plain

 下る。

f:id:Ride-na:20180923180848j:plain

 

第1エイドまで、結構遠い。

f:id:Ride-na:20180923180913j:plain

バターロールと、水を頂く。

f:id:Ride-na:20180923180944j:plain

  

5) 美馬牛小学校AS (47.4km)まで

このコース全体を通して、上りの斜度はちょっとキツめの平均5%くらいか? 

f:id:Ride-na:20180923181417j:plain

 

で、問題は上り初めや、下り終わりに毎回T字路が出てきて、数字以上にキツさ倍増。 

f:id:Ride-na:20180923181556j:plain

ちなみに電柱やガードレールが無いため、案内看板は地面に突き刺すタイプ

f:id:Ride-na:20180924075242j:plain

 

前田真三さんの拓真館の裏辺りの丘陵、あの写真(数十年前初めて買ったPC用CD写真集) の世界を走る!!

f:id:Ride-na:20180924133028j:plain

 

第二ASは塔のある小学校

f:id:Ride-na:20180923181445j:plain

コロッケ、ソーセージのせカレーに、美瑛豚。

f:id:Ride-na:20180923181520j:plain

  

6)地域人材育成研修交流センターAS (85.3km)まで

写真だと同じように見えますが、

f:id:Ride-na:20180923181652j:plain

一つ一つ、丘から見える景色は異なる表情をしています。

f:id:Ride-na:20180923181718j:plain

 

ここなんか、いきなり下りの途中で右折、そのまま10%の坂を上らされると、遥か遠くまで広がる丘陵が見えてくる。 

f:id:Ride-na:20180924060842j:plain

 

そして、マイルドセブンに、

f:id:Ride-na:20180923181807j:plain

セブンスター!!

f:id:Ride-na:20180923182009j:plain

 

第三ASは美瑛では西の端。 

f:id:Ride-na:20180923182037j:plain

いも餅とカボチャ餅

f:id:Ride-na:20180923182102j:plain

に、じゃがバター(バターがうまい)

f:id:Ride-na:20180923182157j:plain

  

7) ゴール (100.2km)まで 

田舎でよく見る道ですが、今回のコースではこの感じの道が逆に珍しい。

f:id:Ride-na:20180923182228j:plain

 

最後の最後に上り返し三連。好物です。 

f:id:Ride-na:20180923182327j:plain

 

美瑛の街に戻って来ると、サイクルピクト。

f:id:Ride-na:20180923182329j:plain

 

ゴールではスタッフがお出迎え。 恥ずかしくて反応できないが結構嬉しい。

f:id:Ride-na:20180923182357j:plain

 

ゴール受付

f:id:Ride-na:20180923182423j:plain

北海道で協賛といえばカルビー!に、伊藤園

f:id:Ride-na:20180923182445j:plain

 

8)飛行機輪行

松山から新千歳まで、ANAの直行便が復活(2018/03/25~)していたので、今回はイベント申し込みと共にこれを予約。

搭乗二週間前に、「ANA 自転車」で検索して、Q&A詳細のページに書かれている、「なお、3辺の合計が203cmを超える自転車は、航空機の貨物室に搭載可能な場合に限りお預かりいたします。サイズと重量をご確認のうえANAへお電話にてご連絡ください。」に従い電話連絡。なお、電話がつながるまでに約8分待ち。

輪行袋の縦と横のサイズそのままでは貨物室のサイズに合わないが、横倒し格納していただくことを提案。

電話を受けたオペレーターから、手配?担当間で情報(横倒し格納)の伝達が出来なかった模様で、改めて携帯に掛かってきた電話に再度説明。担当の方は、行き帰り両方の空港カウンターに取り扱いに付いて確認頂き、取り扱い方を申し送りしていただき、空港ではコンベヤに載ることなく手渡しで受け取り(新千歳、松山とも)。ただし、あくまでも搭載可能な場合に限りであり、100%は保証出来ないため、早めに預けて欲しいとの指示に従い、両空港とも1時間以上前にチェックインした。なお行き帰りともほぼ満席。

ANA側は、HP上では十分な説明記載することを避け、飛行機輪行については電話で事前申請させることで対象となる便を事前に把握し、現場での混乱を減らそうとしているものと思われます。その代わりに各部署間は情報共有のために、複数の職員が計30分近く時間を使われた模様。

 

なお機体はボンバルディアCRJ700(70席)で、よく見るコンテナで機体に格納するのではなく直接貨物室に格納されます。

f:id:Ride-na:20180924193452j:plain

空港では搭乗券を発券後、カウンターのお姉さんに預けようとしている大きな荷物が自転車であることを申請してタグにサインf:id:Ride-na:20180924193521j:plain

ANAでは注意喚起の赤い札を幾つか貼ってもらえるが、事前に天地が分かるようにしました。その結果、機体格納時も天地に注意を払い最終貨物(一番上に載せるため)として扱って頂けたようです。(新千歳で格納作業を目撃) 

f:id:Ride-na:20180924193540j:plain

なお、CO2ボンベは飛行機には載せられないため、ヘルメット、シューズ他の荷物と共に宅急便で事前発送、&タイヤの空気を結構抜いておいた。(新千歳では輪行袋の中を専門の担当者が確認された) ※2018/10/3  追記 CO2ボンベのうち容量の小さなものなら機内に持ち込めるようです

 

新千歳から旭川のホテルまでは、美瑛を経由して移動しようとするも、中富良野あたりで日が沈み、美瑛ではかなり暗くなってしまった。ナビに従い国道237号を左折したところ、第二AS後の「留辺蘂あたりの2回通る交差点」を通過。なんとなくコースの雰囲気を感じただけ。

f:id:Ride-na:20180924193613j:plain

 

今回、旭川ではラーメン屋と居酒屋には入れたが、ジンギスカンは満席で入れず。

f:id:Ride-na:20180924201323j:plain

帰りの新千歳空港のフードコートでやっとありつけました。特上ラムは柔らかい。 

f:id:Ride-na:20180924201348j:plain

 

以上です。

 

次回の出張報告は、小さな島一周のイベント?

f:id:Ride-na:20180917142131j:plain